流行する前にインフルエンザ予防

インフルエンザの予防をする女の子と薬の画像

毎年、流行するインフルエンザですが掛かってしまうと、学校や会社では出席停止となってしまうのでしっかりと予防しましょう。ではインフルエンザ予防と感染してしまった場合の対処法などを伝えていきます。

インフルエンザに感染しないための方法

インフルエンザに感染しないためには、その感染経路を断つことがいちばんです。感染経路とは、インフルエンザであればそのウイルスが人の口腔内や鼻腔内に侵入する経路のことです。ウイルスを原因として、人から人へとうつる病気はこの感染経路を持っているのですが、インフルエンザの場合はみっつの感染経路があります。まずは飛沫感染です。これはウイルス感染者が咳やくしゃみをすると、飛沫が飛び散ります。その飛沫を周囲の人が吸い込んでしまうことで感染してしまうと言う経路です。この感染経路によってインフルエンザに感染しないための方法としては、人ごみに行く際にはマスクを着用することが有効です。次は空気感染です。これは先述したような状態で飛んだ飛沫の核が空気中に漂うことで、その中に含まれているウイルスを吸い込んでしまうことで感染すると言う経路です。これは特に、空気が乾燥している季節に起こりやすい感染経路で、インフルエンザの爆発的感染の原因にもなる経路です。この経路によって感染しないためには、やはりマスクを着用すること、また空気が乾燥している季節においては、加湿器などで空気に湿気を含ませることも効果的です。そして両方に対して有効な予防法としては、帰宅後などにはしっかりとうがいをすることが挙げられます。そして最後は接触感染です。これはウイルスに感染している人がくしゃみをする際、口元に手を当てたとします。するとその手にはウイルスが付着していますから、次にその手が触れたものにウイルスが移ってしまうと言う経路です。この経路によって感染しないためには、手洗いの励行が有効です。帰宅時は勿論のこと、同居している人にインフルエンザ患者がいる場合も同様です。またこの場合は、できるだけ過ごす空間を別にして、食器なども共有しないことが、感染しないためには求められます。